カテゴリ:病気・怪我・健康管理( 95 )
アロマ 9歳前のわんわんドック
今日はアロマのドックの日。
結果は 「はぁ~ やっぱし」って感じ。
d0116574_22402424.jpg

これが学生のテスト結果なら 赤点だらけの落第決定である。

前回と比べても赤字が増えてる。
d0116574_22423439.jpg


アロマの慢性腎不全は2歳のころのドックで発覚、腎臓の働きを見る検査では アロマの腎臓は34%しか動いてないという結果。
しかし 先手先手の治療を試みてくれる先生のおかげでその後約7年間 なんとか 体調の変化もなく 元気な子と変わりなく過ごしてくることができた。

でもやっぱり年齢と共に 血液検査の数値も だんだんと悪くなる。
他の臓器の数値もそれに伴ってくる。

以前は 少々弱気になり、「アロマは長生きできないかもしれない」なんて 友だちに弱音を吐いたりもした。
でもね、今は なんかちょっと違うんだな~

今日もいつもドックの度に結果を報告する習わし(笑)になってる親戚わんこのママたちとLINEで話したんだけど、どーんと構えた肝っ玉母さんなあたし。

こういう言い方は 不治の病と戦っているわんこのご家族に対して 配慮の無い言い方になるかもしれないけれど、アロマの場合は 余命宣告を受けてるわけではない。
ケア次第で残りの命は短くもなれば長くもなる。
だったらこの数値を抱えたまま 老衰死まで持ってってやろうじゃないか!
 
『私は、アロマは腎不全では死なせない!』
そんなこと言ってて 今更誤飲などで死なせてしまったら シャレにもならないんだけどね(笑)

肺気腫も持ってるアロマ。
そちらの方は以前と変化はない。
空気は増えても無く減ってもない。
現状維持ってところである。

それから、今回胃の中に異常にガスがたまっていた。
ガスがたまると胃拡張になり、胃捻転も起こしやすいので 注意するようにとのこと。
ただ 普通なら物が食べれなくなったり苦しそうにしたりするものだけど それが全くなく、ご飯もよく食べる。

ひょっとしたら 検査入院によるメンタル面から 過呼吸気味になり 一時的にガスがたまっただけかもしれないとのこと。

このガスのおかげで 上腹部のエコーが ガスに反射して全く見ることができなかったらしい。
何か悪い影や腫瘍があるかどうかを確認することができなかったので 一週間後再検査となった。

あと一つは 鼻の横下にできてた黒いポッチと唇にできてた白いポッチ。
共に大きさはゴマ粒ほど。
両方とも 検査中に電気メスで取ってくれたそう。
小さいので細胞がとれるかどうかわからないけど外注で検査に出しますかと聞かれたのでお願いした。

もうずいぶん前からできてて でも大きくもならないので大丈夫とは思うけど やっぱり黒いできものは少々心配だからね。

というわけで 今日の検査結果はこんな感じでした。

腎臓の治療は 今まで月一回の輸液点滴を週一回に。
今後の様子次第では 週一の点滴が週2~3回に増える可能性もあり その場合は自宅で自分で打つようになるのだとか。

大丈夫ですよ~あたし。
JINになるから(笑)

てなわけで お迎えに行った時のアロマの様子の動画です。
「ママ~早く出して~  早く帰ろうよぉ~」と 訴えてました。

こんなかわいいヤツ ほっとけましぇ~ん♡


by dear-aroma | 2015-07-30 23:29 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(4)
リベラ 7歳のわんわんドック
今日は毎年年に一度のわんわんドック。
いつもはアロマとリベラ いっぺんにやってもらうのだけど リベラも7歳のシニア期に突入したわけだし、じっくり診てもらうには一人ずつの方がいいかなってことで 誕生月のリベラのみお預け。

置いてくる時には リベラ必死の形相で訴える。
「置いてかないでー!!」

リベラ以上に必死でリードを握る看護師さん、二人がかりで、「おかあさん、早く行ってくださーい」(笑)

そんなだったからお迎えの時は 私が先生とお話ししてる声が聞こえたのか もうピーピー泣き声が響き渡ってた。

それでも鎮静をかける必要もなく お利口さんだったそうで♫

「結論から言いますと。。」
先生が切り出す。

ドキドキ ドキドキ・・・

「おもに目立って悪いところは見当たりませんでした!」

血液検査もレントゲンもエコーも言うこと無し。
脾臓もOK
このところお散歩を拒否ること多しだったので 心臓が悪化してるのではと心配してたけど 昨年度と比べても特に大きさも変わらず、収縮率も良好。

歩きたがらないのは性格の問題(笑)⇐ダラダラ血筋のようで姉弟みんなそうらしい(笑)

とにかくホッとひと安心です。

「お腹空いてると思ってご飯あげたんだけど食べないんですよ」と先生。
リベラが入ってるゲージの中覗いたら たくさん入れてもらってたご飯がそのまま残ってる。
「匂いだけ嗅いで食べませんでした」と看護師さん。
「トイレも連れて行ったんだけど出ませんでした」
「きっとおうちに帰りたかったんですね~」

そうかぁ ご飯も食べない、チッチもでないほど 淋しくて心細かったのね。(感涙)

精算を済ませトイレに連れて行ったら ジャーーー!
車に乗せてから 持参したご飯をあげたら ガツガツ!

やっぱりおうちに帰りたかったのかぁ~❤
なんといじらしいぢゃないのぉ~♥♥♥

おうちに帰ったらやっぱりホッと安堵感。
そして緊張と淋しさの疲れがドッ!
d0116574_1735598.jpg

d0116574_1741742.jpg


久しぶりの一人っ子を満喫してたアロマは 「あ~あ~ またうっさいのが戻ってきちまったよ」って感じかな(笑)
d0116574_1744062.jpg


もうひとつ 気になってた歯茎にできてたポッチ。
口の中のできものは 何とも言えませんからねぇって先生も心配してたんだけど いちお針をさして採った少量の細胞、病院内でわかる程度の検査では 悪いものじゃなさそうとの診断。

本当は全部切り取って専門分野に出して調べた方が正確だけど、今のところは要観察でということに。
もしも大きく成長して来たりするようなことがあればすぐに切り取ってしまいましょうかってことで ひとまず安心です。

7歳の誕生日を迎えてのわんわんドック。
これで安心してシニアへの入り口、いいスタートが切れました♪
by dear-aroma | 2015-06-23 17:13 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(2)
元気すぎて。
今日は定期健診。
5歳の冬からずっと体重が落ちたまま なかなか元に戻らなかったアロマ。
食事量も増やし、「食え食え、太れ太れ!」と足かけ3年。
やっと30キロまで戻りましたぁ~

体格もよくMAX33キロまであったアロマなのに 一時は27キロまで落ちてたんだから ここまで戻ればいいかな~♡

それに比べて アロマより一回り小さいリベラはここのところ アロマの体重と同じか、超えてるときも!
そして今日の体重測定では 何とリベラまでもが30キロ台に)゚0゚( ヒィィ

アロマ30.1㌔  リベラ30.08㌔

「どれどれ」とリベラの体をチェックした先生の言葉は ここのところ、ずぅ~~っと
『いいカラダしてるねぇ~』

もちろん マッチョという意味ではなく 肉付きがいいという意味。

太らせたい方はなかなか太らず、痩せさせたい方は痩せず・・
なかなかうまくいかないものですなぁ・・・

体重が減り始めたころは どこか悪いんじゃないか? ガンだったらどうしようと ずいぶん心配したものだけど 親の心配なんぞどこ吹く風。
アロマは持病を抱える身とは思えないほどの元気の良さ。
元気と食欲だけは 2歳も若いリベラを ダントツで抜いているのである。

そしてその元気すぎるほどの元気さが アロマにとっちゃあだとなってしまうわけでσ(^_^;)アセアセ...

いつものように診察後、病院のランで イーザ、ケリーと待ち合わせて爆裂ボール遊び。
ふと見ると アロマがボールを横に置いてフセして足をペロペロ。

なんだ、今日はもう自主休憩かぁ?って近づいてみると 右手の毛が赤く血に染まっているじゃなーい†ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

チェックしてみると 狼爪のところから出血。
「爪、ついてるよねぇ? パッドかしら?」ってハッチと話しながら よーく見てみると
ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
爪の根っこが折れてるー!!

ハッチ  「病院戻った方がいいんじゃない?」
私     「もう診察時間終わるよ」
ハッチ  「時間外でもアロマなら大丈夫だよー!」←何の根拠?(爆)
とりあえず電話して病院に逆戻り~

病院と病院のランは車で2,3分

ビューンと飛ばして 即処置室へ。

結局爪は かろうじてついているものの、半分以上折れてる状態だったので 根元から切ることに。

爪切り見ると大暴れするアロマに 爪切りが見えないように顔をかくし、局部麻酔して チョッキン!
止血の処置をして、舐めないように包帯ひと巻きしてもらい、抗生剤と痛み止めのお薬を出してもらって おうちに帰りましたぁ~

d0116574_13425089.jpg


朝の定期健診の時も 「元気すぎて・・」って話したばかりだったのにね。

先生がカルテめくりながら
「確か・・あぁ、10月にも 爪折っちゃってるねぇ」と ニヤッと笑い、
「ちょっと安静にしようねぇ~」って。

d0116574_13455589.jpg

元気なのは良い事だけど ボール、もう少し落ち着いて追いかけれない? ムリだよな(笑)

せめて写真だけでも ドヨヨーン感 だしといてくださいな~(笑)
by dear-aroma | 2015-03-03 13:50 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(4)
ドッグドック
今日はアロリーのドックの日。
朝ご飯抜きのアロリーは あたしがちょっと動くたび 「ごはん?」って期待満々。

期待させておあずけなのはかわいそうだから 早めに病院へ連れて行くことにした。

問診を終え奥の部屋に連れて行かれたアロマは檻の扉をガンガン。
「開けろ―! 母ちゃんが帰っちゃうー!」

以前15日間も入院した経験からか 普段から、置いて行かれるのはもうイヤだ!とばかりに 診察が終わったらすごい勢いでドアに向かって引っ張って行くアロマ。

そんな彼だから 檻の中に入れられたとたん それはもう 必死で訴えたのだろう。
「帰るーーーーっ!」

駐車場まで アロマの泣き声が響いていた(涙)

リベラは・・・ 実に静かなもんである(笑)

そして迎えに行った時も 待合室に入った途端 アロマの泣き声と 扉をガンガンする音が・・・
「さっきまで静かだったんですよ。
ママが来たの、感づいたみたいですね」

そしてやっぱりリベラは静か(笑)

お迎え後のアロマ。
d0116574_21384815.jpg

「ごはん、まだ?」

アロマは嫌なことされるとチアノーゼ起こすくらいパニクるので鎮静をかけてもらう。
嫌なこととは爪切り。
この世で雷と爪切りが死ぬほど嫌いで怖いのである。
なので 年に一度のドックの日に 沈静をかけてもらって爪を切る(困)

で、ご飯は 沈静をかけているので いつもより少量。

少なくても口に入れば満足。
満足したら寝る(笑)
d0116574_21463117.jpg


今回、ツルツルに剃られたお腹は、いつもより範囲が狭い。
d0116574_2150247.jpg

「リベラ、貧毛だから 最小限にしてね」
伝えておいた通り、看護師さん、気を使ってくれたみたい(爆)

リベラはおとなしいから鎮静かけずに全ての検査を終了したそうです。
えらかったねぇ~♡
d0116574_21524932.jpg


さてさて 気になる検査結果は。。。

リベラは気になる心臓の方は 僧帽弁逆流は相変わらずではあるけれど軽度におさまっており、 収縮率も悪くなく心雑音も軽度、 血液検査の結果も全ての数値に問題なし。
総合的に異常なし。

GOOD♪

アロマはやっぱり腎不全が少し進行。
肝臓も少し数値が悪かったけど ステロイドの影響かもしれないので もう少しでステロイド投与が終わるので そしたらまた血液検査してもらおう。

腎不全の治療は今まで通り お薬と治療食で。

肺気腫は 去年の検査の時と同じくらいで変わりなく 完璧に抜けてはいないけどこの程度ならそんなに苦しくはないだろうとのこと。
石灰化も進んでいるけれど これも加齢の範囲。

背骨に多少の湾曲が一部みられ、軽度関節炎と言われたが これも加齢の範囲内。
「若い時のような動きは少し控えましょう。
ムリをすると 足や腰が痛くなったりすることもあるので」

病的なものも困るが 『加齢によるもの』 というのも なんだかさみしいものである。

その他 各内臓部分にはアロリー共 いやな影のような存在は無く ひとまず安心。
あ、そうそう、すっかり良くなったので忘れてたけど アロマの口の上のポッチ、小さくなってほとんどわからなくなりましたぁ~♪
なので 今日する予定だった細胞診は中止♫
アロマ 大事なお顔、イケメン復活だね♡


ドックといえばいつもドキドキだねって心配してくれる親戚関係のディキ家とウィル家。
しかし今回あたしは なぜかあまりドキドキはしなかった。

そのかわり、アロリーのいない家の中が妙に静かすぎて 今日休みだったアロパパと二人きりの時間が 思いつく会話も無く、何をしていいかわからない。

病院に二人を置いて帰ってからの遅い朝食も、 隣でヨダレをポタポタ垂らしながらじっと見つめられている感覚が ついついパンの耳をお皿に残し 「あぁ、いないんだった」って またつまんで食べたり。

アロリーがいないのに 玄関のゲートの扉をしっかりと閉めてしまう。

犬と暮らす。
アロリーと生活を共にする。
そんな一つ一つの何気ないことが もう生活の一部となり 生活習慣となっている。

犬を飼わなくなったら・・
アロマたちがいなくなったら・・・

こんなに静かで殺風景で 味気ない生活になってしまうのか。
アロリー達が来る前は こんな生活だったっけ?

ドキドキする代わりにそんなことを考えていたのである。

この先 あと何年一緒にいられるかわからないけど やっぱりわちゃわちゃ にぎやかに暮らそう♪
ごらぁ~~って 叫んでいるうちが 幸せなんだ!!
by dear-aroma | 2014-05-26 22:37 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(2)
サマーカット???(笑)
リベラのお腹 こんなことになってます(*≧m≦*)ププッ
d0116574_1084117.jpg

毎日あぢぃので サマーカット・・・ って ナイナイ!!!(笑)

実は昨日 毎年恒例のドッグドックだったのです。
今年 アロマは 膝の靭帯を損傷した時の検査の時、ついでにドックの形で いろいろと内臓系も検査してもらったので、今回はリベラだけ。

問診の後、病院の奥へと消えて行ったリベラの クィ~~ン クィ~~ン ピーピーと不安げな泣き声に あたしもこらえきれず奥へと入れてもらう。
やっぱ、アロマが一緒でないと 不安で心細いみたいだ。
しばらく一緒にいてナデナデ。

そして3時のお迎えまでお預かりよろしくと病院を後にした。

午後3時過ぎ、結果報告の先生とのやり取りのあたしの声に反応したリベラのまたもやピーピーが聞こえてくる。(笑)

今回は鎮静も使わず そのままですべての検査をクリアしたらしい。
泣いてたわりに 偉かったじゃんね♪

結果は 持病の心臓は 前回に比べて肥大も進んでなく、収縮率もしっかりしているとのこと。
リクエストしておいた 脾臓、膵臓、肝臓も 異常なし。

付け加えて、
「うちに来るフラットさん、みんな長生きしてるよ。」
の院長の言葉に 輪をかけて安心♪

「先生の処方が合ってるんだね。 うちの子も長生きさせてくださいね」と 軽くプレッシャーをかけて病院を後にした。

ドックの形はやめて 気になる部分だけを定期健診の時に見てもらおうかと思ったこともあったけれど 個別の検査は割高で ドックの方がお得。
総合的に見てもらえるドックは 今後も続けていくことに決めました。

d0116574_103599.jpg

内臓のエコーを撮るために 毎年ドックのたびにこのザマ(笑)
飾り毛の長いアロマは こんなお腹も隠れてしまうのだけど 貧毛のリベラは 立って歩いてても丸見え( ´艸`)
けれど健康に変えられない ありがたいツンツルテンのお腹なのである。
by dear-aroma | 2013-08-28 10:42 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(6)
大型犬が歩けなくなると。。。
大型犬が 病気やケガで 動けなくなると 介護する家族は 体力勝負だ。
特に女性は 力的に 30キロ前後の大型犬を 抱き上げるだけでも無理がある。

それでも みんな 愛する我が子が 少しでも快適に暮らせるようにと 寝返りを打たせたり、トイレに連れて行ったり、たまにはお日様の下に連れ出してあげたり。
病院に行くために 車に乗せたりおろしたり。

「大変でしょう? 頑張ってね」

ついつい 簡単に言ってしまう言葉ではあるが それを 先日の日曜日、初めて自分で体験することとなったのである。

d0116574_1094386.jpg

 
いつものようにアロリーとお散歩へ。
ふたりとも 軽快に ルンルンと歩く。

今日は歩道橋を渡って帰ろう♪
リベラが トトトッと駆け上がる。
ところがアロマのリードがあたしの後ろで ピーンと張る。

振り返るとアロマが階段の下で そこはイヤだと拒否。
アロマもリベラも あっちの方向は嫌だとか こっちへ行きたいだことのわがままは言わない子である。
どこへでも リードで引かれるがままの方向へ素直に歩いて行く子たちなのだ。

「どした? アロマ。 ほれ、行くよ」
あたしの言葉に 階段に一足、前足をかけただけで ヒンヒンいいながらヘタレこんでしまった。

「えっ?えっ?  どこが痛いの?」
「わかったわかった、階段はやめようね」

けれど もう向きも変えられないくらい痛がって ヒンヒン泣いている。
立ち上がることもできないのだ。

「うっそー! 何? どこ? もしかして腰?」
あたしの頭の中によからぬことがよぎりながらも 
「さて、どうやって連れて帰ろう」ってことが まず一番の難関。

ほどなくして立ち上がることができたアロマは 右後ろ足をあげている。

「ん?ん?ん? 足?」

ところが 歩き始めたアロマは 普通にビッコもひかず歩いている。

今のは何だったんだろう?  
そう思いながらも とにかくおうちに無事帰らなければ!
幸い そこから家までは 200~300m。

よかった よかった 無事着いた。

うちは マンションの2階である。
ペットOKのマンションではあるが エレベーターは基本抱っこしてなければ乗れないことになっている。
アロリーのように抱っこが無理な大きい子は階段を使う。
階段は 踊り場を二ヶ所はさんで17、8段。

とりあえず部屋に入ってチェックしなくっちゃ。

ところがその階段が昇れない。
昇ろうとすると また ヒンヒンないてヘタリこんでしまうのだ。

しばらく休むとまた立てるので 正面玄関の車いす用のスロープから入り、誰もいなかったのでそのままエレベーターに乗せて部屋まであがった。

平坦なところは歩ける。
けど階段は泣くほど痛がって昇れない。
一体なんなんだろう。

そういえばと 後から思えば 前日から アロマの定位置のソファに一切上がろうとしなかった。
ドグベか絨毯の上にいる。

いつもと違う。
「なんだろね?
なんか おかしいね、調子悪いのかな。  でも食欲も元気もあるしねぇ 」などと アロパパと話していた。

もちろんビッコなんて引いてもなかったし・・
でも そういえば ここ2,3日の散歩は 帰り道は トボトボ後ろを遅れがちに歩いてたっけなぁ
もう 痛かったのかなぁ・・


だいたいなんでも 「今 思えば・・」 なんだよなぁ。。。

d0116574_10554880.jpg


時計を見るともう午前中の診察時間に間に合うかどうかのきわどい時間帯。
午後からにするか?
一瞬そう思ったけど とりあえず病院へ電話。

すると 今日は午後から院長はお休みになるので 時間過ぎてもいいから すぐに連れて来いとのこと。
ありがたい。

ところが! である。
アロパパはいない。
あたし一人。
車はエクストレイル。
バリを置いてる荷台も 後部座席も 高い。

前足をかけてくれれば 後ろを持ち上げてあげることもできるんだけど どうやらそういう体制がとれないらしい。
こうなったら 抱き上げるしかないのである。

「んしょ!」
今アロマの体重は29.7㌔
抱いて歩くわけではないので なんとかなった。

病院について おろすのも一苦労。
いつもは 「まだだってばーっ!」って言いながら 車から降ろすのに この日はバリに閉じこもって出てこようとしない。

おりるときに痛いって きっとわかっているので 出てこないのだ。
動こうとする子、歩こうとする子の介助は ちょっと手を貸せば出来るのかもしれないが 動きたくない!って子を バリの中から出すのは一苦労。
やっとこ 抱っこでおろして 病院内へ入ろうとしたら もうそこからヒンヒンないて 平地ですら歩けない。
介護用品なんて まだ先の話と高をくくって 何も用意が無い我が家。
また 抱っこするしかないかなって思ってたら ヒンヒン泣きながらも3本足で歩き始めてくれた。

待ってくれてた院長も ちょっと預からせてもらって 検査しますねと。

3時にお迎えだったので 行くと院長はもういなくて 他の先生の説明。

あたしの電話の話では へたり込んでしまったということで もしかしたら腰かなと 疑っていたらしいが 3本足になるのを見て 腰よりも足かなとのこと。

レントゲンでは 骨や関節には問題が無さそうとのこと。
靭帯はレントゲンには写らないが 触診の感じでは 部分損傷じゃないかと思うとのこと。

とりあえず 痛み止めのお薬と安静で 1週間後に来院してくださいと。

靭帯って・・・ 
先週もランで遊んだけれど あ、あの時って思うような  痛そうにしてたそぶりはなかったんだけどなぁ・・ 
それとも やっぱり ボールを追っかけてるときは 急ブレーキや 急な体の向き変えで 一気にではなくとも 少しずつ痛めていたのだろうか?


いつもの院長ではなかったので 突っ込んだ質問もできず とりあえず帰宅。
1週間後 院長にもっと詳しく 根掘り葉掘り 質問してみようと思うことは山ほど。

車には 看護師さんに手伝ってもらって乗せた。
いつもなら 診察後は病院のランへ連れて行けと 車が揺れるくらい大騒ぎなアロマも まだ 沈静が完全に覚めてないせいか 痛くてその気力もないのか 大人しすぎて乗せたっけ?って思うくらい。

で、また 家に着いてから 車から降ろすのに四苦八苦。
出たくないと頑張るアロマをバリから出すのに何分かかったんだろう。

バスタオルで引き揚げて歩かせようとしても 歩く気持ちのない子を歩かせるのはとてつもない至難。

まだまだ 先と思っていた大型犬の介護の大変さを 今 初めて思い知らされたのである。

検査中 眠ってる間に 足の無駄毛 きれいにしときましたよ~と看護師さん。
d0116574_1112125.jpg

そろそろ切らなきゃって思ってたので助かった♪

現在のアロマ、段差のないところは 普通にビッコもひかず歩けます。
しかし 相変わらず 段差はダメ。
階段やソファのように 前足をあげる体制が痛いようだ。

毎日の生活は アロマ自身が 自ら 自粛中。
安静安静って いわなくても 一日中ドグベか 自分のハウスの中にいて トイレとご飯の時以外は 動こうとしない。
玄関のピンポンがなると 狂喜乱舞でウハウハ、ダメ犬テレビに出そうかと思うくらいなのに、今は ドグベから動かず、宅急便屋さんを眺めてるくらいだから 思う以上に痛みがあるのかもしれない。

d0116574_11292619.jpg


アロマも今年の誕生日で7歳になる。
まだまだ先って思いがちな わんこの介護生活も 思うほど先ではないのかもしれないと思うと 淋しい気もする。 
それでも そうなった時に 少しでもお外に連れて行って楽しませてあげたり 楽にトイレに行けたり ご飯食べれたりするために、それは アロリーの為にも そして介護する側のあたし達ニンの為にも そろそろ 介護用品の準備もしていかなければいかないのかなと ちょっと考え始めた自分がここにいる。

とりあえず 来週病院に行って いっぱい質問して 悶々した気持ちをスッキリさせて、 早く直して 元気に散歩に行けるようになることを考ることにしよう!
by dear-aroma | 2013-03-05 11:48 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(18)
やっと完治かな♪
リベラの術後の経過報告怠ってたら 「リーちゃん あれからどぉ?」って何人かのお友達からメール。
気にかけてくれてありがとね。

リベラは予定通り 手術から2週間後の10日(月) 無事抜糸できました。

保護用の片足のみのおズボン履いてたんだけど お布団やコタツにもぐった時に脱げてることもしばしば。
油断してると舐めちゃって 少し縫ったところの周りが赤く炎症起こしてしまいましたが 傷自体はしっかりくっついているとのこと。

抜糸後 エリカラ返さなくっちゃと言ったら、「いや、もう少し持ってた方が・・」と先生。

案の定 おズボン履いてないと ペロペロしちゃって 傷以外の場所がまっかっか。
アロマの時のように 掘れて血がにじむことも。

さすが先生 我が家のぼっちゃんずの体質 よく認知してくださってる。

アロマほどひどくはないけれど 油断は大敵と つい先日までおズボン着用。

やっと炎症も治まり もう大丈夫かな~♪
d0116574_951561.jpg


傷の周りの毛が なかなか伸びてこず 円形ハゲ(笑)

d0116574_9533026.jpg

広範囲に剃られた右足腿の毛、早く伸びてこないと寒そうだね( ´艸`)
by dear-aroma | 2012-12-21 09:57 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(2)
術後の様子
26日、リベラの手術は無事終了。
術前検査の段階から何かを察して ピーピー ピーピー あたしの顔を見上げながらずっと泣いてましたぁ

術前検査の結果は 血が止まる速度や その他の数値 すべて血液検査は問題なし。
心臓の方は 収縮率が 少し正常値を下回っていたけれど この程度なら問題ないでしょうとのことで 院長が手早く摘出してくれました。

「ちょうど去年の今頃 アロマちゃん大変だったよねぇ」と 看護師さんや先生の間で話は持ちきり(苦笑)
傷が開いてふさがらず 15日間の入院生活となった時の話である。

そのことも踏まえ 「今日は一日お預かりさせてもいらいますね」と リベラも一晩の入院となりました。

つかの間の一人っ子となったアロマはせいせいしてるかと思いきや、あちこちリベラを探してウロウロ、落ち着かない様子。

アロマの入院中のリベラも同じだった。

やっぱりもう 二人でいるのが当たり前。
どちらかがいないと どうにもこうにも落ち着かないようである。

27日、夕方 リベラをお迎えに。

普段引きの弱いリベラが 看護師さんをぐいぐい引っ張って 入院室から出てきた。
そしてそのまま 車の中に一目散。

ちょっとでも立ち止まったら 置いて行かれるとでも思っているのか・・(笑)

おうちでホッとするリベラです。
d0116574_11102655.jpg

d0116574_11104615.jpg


患部はあまり気にしてない様子なので エリカラは外してあげました。
d0116574_11302668.jpg


朝のトイレタイム
d0116574_11482615.jpg


すぐにチッチとうんPをしてくれたので そのままお部屋へ。

そのあとすぐにアロマを連れて お散歩へ。
お留守番中は心配なので エリカラつけましょうねぇ

「持ってきて」
d0116574_113314100.jpg


こんなもの!こんなもの! こうしてやるぅ~~!!
d0116574_11341100.jpg

素直に持ってくるかと思ったら えいっ!えいっ!って振り回しておりましたぁ~(*≧m≦*)ププッ


アロマは一人のお散歩満喫♪
d0116574_113663.jpg

d0116574_11362473.jpg

いい笑顔です♪

もう おうちにリベラがいるので 安心してママを独り占めって感じネ♪


傷口、何かあったら 写真に撮ってメールで送ってくださいって言われているので 傷口をチェック。
d0116574_11383377.jpg

わぉ! 剃りすぎでしょ!(爆)   寒そぉ~~( ´艸`)

絆創膏の部分、昨日より少し血がにじんでるようだったけど そぉ~っとはがしてみてみたら しっかりくっついているようでしたぁ。

今 、ブログ書きながらふと見たら・・・
d0116574_11412559.jpg

アロマのおなかに足を投げ出してるリベラの足がかわゆい♥♥♥

ここしばらく、こんなにくっついて寝るアロリー 見てなかったので 思わずカメラを向けました♪

やっぱり兄弟、普段はそっけなくしてるけど 本当はお互い心配し合ってるんだなぁ~

ホッとして 思わずくっついちゃったのかな♡♡♡

あまりに気持ちよさげなので そぉ~~っとしておこう♫
by dear-aroma | 2012-11-28 11:50 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(20)
定期健診&リベラに変なポッチ
今日はいつもの定期健診。

今日は血液検査もレントゲンもなく 体調チェックと体重測定のみ。

そしてアロマは ワクチン接種。

アロマの体重は28.1㌔。
やっと増え始めてくれました。 (ホッ)

食事量を以前より80gも増やしたんだから このくらいは増えてくれないとねぇ。

あと アロマもカイカイのお薬も新しいものに。

以前はステロイド系の塗り薬だったのを これに変更。
d0116574_13353583.jpg

『コルタバンス』というお薬で アレルギー性皮膚炎用の ローションスプレーです。

やはりステロイド系ですが アンテドラッグというものだそう。

アンテドラッグとは 患部で高い効果を発揮した後、分解されて作用の弱い物質に変わる薬のことなのだそうです。

アレルギー性皮膚炎といえば どうしてもステロイドが効果を発揮するけど 少しでも体内への副作用の少ないものをと これに変更してみました。

アロマは乾燥肌もひどいので 後はシャンプーと保湿剤で この冬を乗り越えていきましょうとのこと。

乗り切れるといいな。
d0116574_1445716.jpg

ワクチンを打ったので少しだるいのかな。
眠ったそうなアロマです。


さてリベラですが 先週、右後ろ足にポッチを発見。
d0116574_13454361.jpg

見たところ、皮膚組織球腫っぽい感じ。

良性なら このまま そっとしておこうかとも思ったのだけど 痛いのか違和感なのか リベラが気にして一日中舐めている。
d0116574_13481015.jpg

舐め壊してしまう可能性もあるので先生と相談。

細胞診の結果は おそらく良性だとは思うが 一部細胞が崩れてしまってる部分があるので 取り除いて病理検査に出した方がいいかもとのこと。

「デリケートなフラットさんだからねぇ・・」

やっぱり フラットや レトリーバー系の犬種には先生も神経を使うようである。

さっそく明日 手術となりました。

ただ心配なのは心臓。
リベラは心臓肥大と僧帽弁閉鎖不全症があるので 明日、エコー検査など行って麻酔に耐えられるかどうかの検査をしてからの手術となるそうだ。

検査の結果次第では手術は中止となる。

うまく進みますように。
d0116574_1472017.jpg

元気そうなのに 何気に病弱なのよね リーたんは。


病院の後はお楽しみ。 
といっても ワクチン接種後なのと 肺のこともあるので アロマにボールを咥えさせたまま フラフラするだけです。
d0116574_1483550.jpg

d0116574_1410436.jpg

d0116574_14102546.jpg

ボールを咥えたまま 5分ほどフラフラしたら満足のご様子。
 
リベラも アロマが走らないので 一緒にフラフラするだけ。
リーちゃんは明日からおうちで安静なんだから もう少し走っとけばよかったのねぇ
d0116574_14124478.jpg


とにかく明日・・ がんばろうね!
by dear-aroma | 2012-11-25 14:15 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(10)
定期健診
今週月曜日、アロリーの定期健診の日。

アロマ体重27.5㌔。
10月の定期健診の時は27.48㌔
食事を増やしてるわりには なかなか増えてこないけれど でも ここ2ヵ月 体重減少は治まってくれたようなので ひとまず安心。

リベラは27.1㌔
先月は27.3㌔で ほぼ変化なし。
リベラの方は 体調も変わりなく いたって元気。
心臓の方も現状維持で 変わった様子もありません♪

アロマの肺気腫の方は 10月に再検査した時に 少し空気が抜けてるようでした。
このまま自力で抜ける方向にあるかなってことだったので 少し期待していったのだけど 今回の検査でも10月とほぼ同じ状況で それ以上の改善は見られませんでした。

10月の時 先生から 「相当苦しいはずだけど そぶりは見せないですか?」って聞かれたけど 全く持って息切れひとつしないアロマ。

絶対走ったり駆け足もダメって言われていたのだけれど あまりに平気な顔をしているので たまに公園でフリーにしてみたり 山歩きをしてみたり・・  安静第一って言われているのでこっそりと・・笑))

だけどホントに本犬、平気のへっ!

こっそり走らせたことも先生に白状し、「これだけ平気なんだから もう走ってもいいんじゃないか?」って聞いてみたけれど やっぱり獣医師としては 「いいよ」とは言えないらしい。(笑)

ただ 自覚症状もなさそうだし、外科的処置をする必要も今のところはなさそうなので 呼吸の観察だけはしかりと   とだけ言われました。

これからは毎月ではなく 2~3ヶ月に一度くらいの割合で検査を続けていきましょうとのこと。


血液検査の方は ドックの時 真っ赤っ赤だった数値も 肝臓以外は正常値に。
肝臓の方はあと一息ってところなので 引き続きお薬を。

皮膚アレルギーの方は 肝臓の数値が悪いため ステロイド等のお薬を控えているので 放置状態。
塗り薬だけでは追いつかず、今原因を探るための培養検査やってもらってます。

甲状腺機能低下の症状でも皮膚の異常が出て来るので そっちの可能性もあるかもだそうです。
また 甲状腺の検査もした方がいいのかもしれないな。

こんな赤いボツボツが体中あちこちに出来てて 皮膚も乾燥してボロボロです。
d0116574_17583182.jpg

痒くてかじるので 毛もいっぱい抜けたり、切れたりで しっぽなんて 貧毛のリベラよりもショボクなってしまってる。

痒いのは人間でも我慢できない。
少しでもかゆみが治まってくれるといいんだけどな・・


それでも アロマもリベラも元気で 毎日お散歩ルンルン 行ってま~す♪
d0116574_1813795.jpg

久しぶりに ハウルも一緒に お散歩♪

先日ほぼ同じ時期に去勢手術をした クリームとハウル。
去勢しても性格は変わるはずもなく ハウルママもクリームママもご愁傷様(爆)

でも 女子のヒートの時期、夜も眠れなかったクリーム。
これで楽になるね♪

レッスンを続けているハウルもお利口さんになってましたぁ❤

少しずつ 風が冷たくなってくるこの時期。
また お天気のいい日には 紅葉でも見に、秘密の場所に連れてってあげるね~~♪
by dear-aroma | 2012-11-08 18:11 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(8)



大魔王アロマと小魔王リベラ。 そんなふたりが巻き起こす台風のような日常を綴った日記です♪
by アロママ
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
information
☆アロマのprofile☆
生年月日:
 2006年8月17日生
性別: ♂
紹介: 雪と水とボールをこよなく愛する 優しいイケメン♪
しかし 最近 妙に頑固!
おうちではマッタリなのに外では爆裂。
外面王子返上で やっぱし ヤツは大魔王!!

 **********
2016.7.10
9歳10ヵ月と23日の地上勤務を終えお空に帰りました。
 **********

生後29日

1歳

2歳

3歳

4歳

5歳

6歳

7歳

8歳

9歳


☆リベラのprofile☆
生年月日:
 2008年6月17日
性別: ♂
紹介: 兄ちゃんにだけは妙に強気で アロマのイタズラを未然に防ぐチクリ魔♡
小さいころは 通り魔のごとく誰にでもすぐに跳びかかって毛を引っこ抜いてたチンピラ小僧だったけど 今はすっかり更生して優等生。
とぉ~っても素直で
パピーフェイスの憎めないヤツ♪

**********
2017.8.24
9歳2ヵ月と7日の地上勤務を終えお空に帰りました。
 **********

生後2ヶ月

1歳

2歳

3歳

4歳

5歳

6歳

7歳

8歳

9歳



**☆**:;;;;;:**☆**



☆知っておきたいリンク☆
犬と猫に危険な食べ物~与えてはいけないリスト

☆ガン免疫療法についてのサイト☆
杉並犬猫病院>ガン医療>ガン免疫療法
ペットのガン治療を研究するピュアペッツ PURE VETS

☆アロマの大好きな病院☆
病院の様子やスケジュール・院長先生やスタッフのブログも楽しめます♪
丘動物病院

☆アタシのイチオシ  伊豆高原のDOG CAFE
ステキな笑顔のパパさんとママさんが出迎えてくれますよ♪
CAFE CANDY


☆FCR専用のレスキュー情報サイト☆
『FCR Loversーフラットコーテッドレトリバーが大好きだから・・・』



☆ボンチチさんのお店☆
Ashiya-dog-walk


☆ティアラママのネットショップ☆
dot.fio


☆マハロママのお店☆
+Wan!


☆おしゃままのイチオシ☆
BOWWOW☆PARADISE


☆まにゃさんの手づくりshop☆
Fluffydog


☆ナイトトレインさんのレザーショップ☆
レザーショップRough Stage


☆ケリー&イーザの手づくりアクセサリー&カラーのショップ☆
キャトルシアン


☆ひゃくまいるさんの手作り工房☆
ひゃくまいる工房


☆バニ母っちの美味しいだしパック♪   京のかつおぶし☆
田中鰹節店

☆愛読書☆
RETRIEVER



**********

☆お友達リンク☆

黒い子ティアラ
わんこと漁師
やんちゃ坊主と天使
フラットコーテッド・レトリバー「ココ」の日記+

僕とALEXとneroのあしあと
あいるーく日記
ボンと僕
大好きな犬達と暮らす♪まにゃ日記
Neo Photo blog
週刊アール
セイラ日記☆おらのテイテイ
Cooチャン噛み噛み日記
のんびりと~
ミスティーdeうるおい
ろびぼん日記
ラム〜おいで〜!
Simple Life
amiga diary
へたれモス男
ゆずの訓練日記
杜王町フラット通り
はなケン サンバ
DIGGN' ON RUNE&JOSH!!
*ROBIN*
はなそらDAYz!
レオ、キル一家
La Fleur
ごん☆すず☆りん親子のブラブラ日記
momo&TAROHと一緒
フラットコーテッドレトリバー「CUBのブログ」
NAISON de NOIR
ソマラフDAY'S
海の幸な犬達
BIBIの気持ち
Wanこと一緒---'Wan'derful life with dogs
F&R日記
小春家のマイニチ
やんちゃエース&オトハの日記
あたし花子 おれ新ノ介
外部リンク
フォロー中のブログ
CHIZU BLOG
プリちゃんDAYS ...
おーしゃん日記リターンズ
桜空日和(旧さくら嬢のひ...
ジョジョ丸の奇妙な冒険
徒然むつ日記
優しくって少しバカ
ちょっと道草
いいら日記
レトリーバーキッズ   ...
俺たち今日も元気でつU^...
D.J気分
オリーブ&ジャスミンちの...
可愛くてナンボ!
週末は13階で。
フラぷら3 ぷらす2
Lovin’Life
フラフラフラッティと音楽...
Ral's Smile
レイといっしょ。
ラブラブダイアリー☆
ハウルと一緒に。。。
Creamのひととき♪
最新のコメント
☆shio-chanさん..
by dear-aroma at 18:47
これはうれしい、心を打つ..
by shio-chan at 16:19
☆shio-chanさん..
by dear-aroma at 16:23
わ~、また泣かされちゃい..
by shio-chan at 15:00
☆鍵コメさん☆ アロマ..
by dear-aroma at 17:22
☆そらまま☆ 先生もこ..
by dear-aroma at 23:59
☆鍵コメさん☆ 応援あ..
by dear-aroma at 17:15
アロマ、本当に頑張ってる..
by そらまま at 12:44
☆ココキキママ☆ 今日..
by dear-aroma at 00:21
どうですか~ 病院が近..
by ココキキママ at 22:44
最新の記事
心暖まるお葉書
at 2017-10-24 15:38
四十九日
at 2017-10-11 16:14
初めての犬なしキャンプ
at 2017-10-09 09:24
リベラ 初めての月命日。
at 2017-09-24 14:53
初七日 ☆闘病2ヵ月と4日の..
at 2017-08-30 11:00
カテゴリ
全体
アロマ&リベラ
アロマ
リベラ
お誕生日・うちの子記念日
お散歩
お友達わんこ
わんことお出かけ・アウトドア
Woof
水遊び
雪遊び
ドッグラン
親戚会・オフ会
ボランティア活動
訓練競技会
フラットの輪
お知らせ・お願い事
病気・怪我・健康管理
わん抜きの出来事
わんわん倶楽部
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧