カテゴリ:病気・怪我・健康管理( 70 )
なんですと!?
アロマは絶好調に元気です。

スヤスヤとよく寝てる(笑)
d0116574_16443097.jpg

ボクちん、寝てるとベロが出るんですわ(笑)  (イケメン台無し)

傷の方もすっかり調子よくくっつき、もう抜糸できるかなって思ったら、念のためあと1週間ですって。
まぁアロマの場合、以前傷がくっつかずに大変なことになった事があるから、念には念を! ですな。

で、アロマが服用することになった 分子標的薬、パラディア錠。
昨日、病院に行った時にもらえるかと思いきや、まだ来ないので今製薬会社に確認中とのこと。
確認取れ次第、電話をくれることに。

午後電話。
「パラディア錠、半年先まで手に入らないみたいです」
  なんですと!?

どういうわけか流通がストップしているらしい。
先生曰く、流通がストップしているということは まだ発表されてない何かがあるのかもしれない。

じゃ、アロマの治療はどうなるの?
代替えとして、イマチニブ(グリベック)に変更してみましょうか。

半年も放っておくと絶対再発しちゃうもんね。
なにもしないよりはいいかもしれない。

ところが、お値段聞いて、びっくり。
日本製のジェネリックでも 一粒1,500円
アロマの体重から計算して、一日2錠、ひと月で9万円!

  なんですとぉーーー!!

パラディア錠でも高価なのに その上を行く。
しかもジェネリックでだ。

絶対続かない。
昨日病院で イマチニブは 輸入品のジャネリックだと 10分の1の値段で手に入るそうだが パラディア錠は 輸入品のジェネリックは無いのかなって話をしたばかりだ。


輸入品のジェネリックを扱ってる病院もあるとか。
そして 輸入代行してくれるお店もある。
ワタシだって 死活問題、何かいい手はないかと 友だちからの情報やネットで昨日一日調べまくった。
いろいろ調べたものを持って、院長と相談。

院長も 
パラディア錠が手に入らないとなると他の患者さんにも 出すお薬も無いってことで、病院としても困るし、日本製のジェネリックがこんなに高額なので皆、尻込みをしてしまうか途中で中断となっても意味がない。
それが輸入薬だと 120錠入りが7,742円。
どうしてこんなに価格が違うのか、疑問なところはあるが 使ってみてもいいかもしれない。
こちらでも調べてみますと言ってくれた。

とりあえず、輸入できるとして、税関などでやたら時間がかかったり、手続きの書類が送られてきて記入して送り返すというような作業で時間を取った経験もあると先生。
しかも年末ということもあり、搬送が遅れる可能性もあるので 病院にあるお高い方の在庫、10錠、5日分だけ 本日購入。

午後になり、院長からまた電話があり、購入することができましたよとの連絡。
早ければ年末に、遅くても年明けには手に入りそうだ。

良かった。
これで アロマも ワタシたち人間も生きていける(笑)
あとは このお薬が効いてくれることを祈るのみ。

d0116574_17193989.jpg
近頃、私たちがアマアマにしてるせいか、ナデナデして~って やたらとすり寄ってくる。

そしたら リベラ、ボクだってここにいるよ~って割って入る(笑)
d0116574_17213058.jpg

そうだよね。
ついつい、アロマにばかり目が行ってしまうので ちゃんと リベラのことも見ていてあげないと、相手にしてもらえないって精神的におかしくなったり、リベラに病的な何かが起きても見逃してしまうことだってあるものね。

ちゃんと気を付けて 平等にします(笑)

d0116574_172522100.jpg
だけど やっぱりアロマはイケメンだなぁ~
容姿だけでも 劣るよな、リベラは。

いかんいかん。平等!

リベラもかわええよぉ~♡  (写真無いし!爆))
by dear-aroma | 2015-12-22 17:33 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(0)
アロマのカラダに起きた事。
12月に入ってから今日まで ずっと心がざわざわしていたけれど、今日、やっと少し落ち着いてきたので ここに記録として残すことにした。

○11月29日  
いつもの検診の最後に、「他に気になるところはないですか?」との質問に、何気に 「肘のところにぐりぐりができてるんですよね~」と答えたのがきっかけ。
触診した先生が「なんかこれ、脂肪腫っぽくないなぁ・・ ちょっと針で摂って検査してみますね」
数分後、「なんかちょっと怪しい感じなので外注検査に出してみますね」

今までも気になるグリグリ、何ヶ所か検査したことあったけれどすべて良性。
今回もきっと良性だろうなってさほど心配もせず連絡を待つ。

○12月4日
「病理検査の結果がでました。
アロマちゃんは腎臓のこともあるので 今後の話をいろいろとしたいと思うので近々に来院できますか?」
と電話が入る。
その口ぶり、なんか嫌な予感。
「悪いものだったんですか?」の質問に、「まぁそのような感じなんですが 直接会って話をした方がいいと思いますので・・」の返事。
内容を電話で話してくれないなんて絶対なんかある!
その瞬間から心臓がバクバク、いても立ってもいられず どうしても落ち着かない。

○12月5日
病院へ。
検査結果の紙を見せられる。
『悪性間葉性腫瘍を疑う』の黒太文字。
コメント欄には
 『細胞質内に脂肪肉腫などが鑑別として考慮されますが細胞診のみでは由来の特定が困難なため精査には組織検査が必要です。云々・・・・』と続く。

針で検査した日は1個だったグリグリがその日までに2個に増殖。

これは早めに取って検査に出した方がいいとのことで 翌日緊急に手術となる。

○12月6日
手術当日
d0116574_2027248.jpg

アロマの腎臓に負担がかかるので術前検査も入念に、腎臓の血流状態などチェックしながらの手術となる。
外来終了時間の11時半ごろからそれらの処置が始まり、1時には終了。
終わりましたと呼ばれたときには 処置室のゲージに運ばれており まだ麻酔が切れきっていないアロマが無反応で横たわっていた。
確実に麻酔から覚めることは間違いないことを確認してから帰宅。
6時以降のお迎え予定だったが 4時ごろ病院から電話。

はっ? なんで電話が?なんかあった?とまた心臓バクバク。
電話の向こうから明るいトーンの院長の声
「6時以降って言ったんですけどね、もうだいぶ活きがよくなっちゃってるんでお迎えお願いします」
あはーっ! アロマったらきっと帰るーって騒いじゃってるのねー(笑)

速攻でお迎えに行ったら
「今、点滴外してるんですけどね、もしかしたらママにお手伝いしてもらった方がいいかも(笑)」と看護師さん。
猛烈に、おうちに帰るんだーってアピールしてんだね。
処置室に入ってみたら な~んだ、意外におとなしくやってもらってるじゃん!
今、私の顔見たら針、折ってでも出てきそうなので急いで隠れる(笑)

先生の説明では 腫瘍部分は全部取れたが、この種の腫瘍は腫瘍の周りを大きく深く取らなければならないが場所的に完璧には取れてないとのこと。

1週間以内には 検査結果が届くのでわかり次第連絡がくることに。

そこからは『悪性間葉性腫瘍』『脂肪肉腫』をググりまくる毎日。

手術疲れでグッタリなアロマ。
d0116574_20392036.jpg

d0116574_20394546.jpg


○12月12日
仕事帰りの車の中で院長からの連絡を受ける。

やっぱり脂肪肉腫でした。 悪性です。
生存率を上げるには 断脚。
その他の治療法として放射線治療。

もうここまで聞いただけで頭の中グチャグチャ。
運転中だったこともあり、詳しい今後の相談は月曜日にということで電話を切る。

頭の中の恐ろしいイメージ、『悪性』 『肉腫』 『断脚』 の言葉がグルグル回る。

アロパパに伝えると 間髪入れずに、「断脚なんて、アロマの楽しみが無くなってしまう」の一言。

犬、 脂肪肉腫、断脚でググる。
断脚というキーワードがあったためか、出てきたのは骨肉種で断脚をした子のブログがたくさん。
そこには3本足で楽しそうに歩いたり走ったり遊んだりのわんこの写真や動画。
どの子もお目目キラキラでちっとも 3本足でかわいそうなんて感情は出てこなかった。

でもアロマは痛みを伴わない種類の腫瘍。
痛みから解放してあげるための断脚ならワタシもすぐに決断するだろう。
でも痛くもないのに断脚は本当に必要なのか?
生存率を上げるための、根治を目指すための断脚。
それを拒否することはアロマの命を見捨てることになる?

アロマはボール遊びが大好きな子だ。
ランや広場に行ってもボールが無ければちっとも走らないし犬同士で絡んだりした遊びもしない。
ただひたすら ボールちょうだいって 私の周りにくっついているだけ。
3本足でも走れる。
でもボール遊びとなるとさすがに残った足に負担がかかりすぎる。
もしも残った足を痛めて動けなくなったら?
もしも残った足や他の場所に新しいガンが発症したら?
他に治療法は?

考えても考えてもこれがアロマにとって一番いいんだって確信する答えが出てこない。
決めた!って思ってもすぐに揺らいでしまう。

そんな時 断脚した仔のブログの中にある一節を見つけた。

  起きてもいない恐れに力を与えない。
  自分が感じて、信じた事を信頼し、今を生きる。

    All my relations!
     (すべては繋がっています) 


知らない方のブログなのに 勝手に引用してごめんなさい。

でも この言葉にすごく勇気づけられた。
凄く力強い言葉だ。

○6月14日
院長と面談。

○外科的処置としての説明。
アロマの腫瘍の位置で完璧に周りの目に見えない根っこまで取り除くには肘の関節ごと取って人工の関節をいれるか、肩からの断脚。
しかし この処置は アロマの腎不全の状態から見て 相当な負担がかかる。
腫瘍が完治しても腎臓が持たなくて腫瘍を残した場合よりも早く亡くなってしまう可能性があるので お薦めはできない。

断脚を断るつもりでいた私にとって アロマの命を私の判断で縮めることになってしまうことになるかもしれないと思っていたので 先生の話は心が救われた。(なんて自分勝手なワタシ)

○抗がん剤治療。
これもアロマの腎臓に負担がかかりすぎるので抗がん剤治療はできないと手術前から言われていた。

○放射線治療
週に3回ほどの全身麻酔で行わなければならない。
この麻酔も腎臓にかなりの負担。
麻酔に耐え切れず治療中に亡くなってしまうこともありうるので危険。

やっぱり アロマには 『何もしない』という治療法しかないのかなぁ~と思っていたら、「あと一つ・・」と先生が話し出した。

○分子標的薬
腫瘍部分の細胞だけ叩くお薬。
もともと肥満細胞腫によく効く薬だそう。
脂肪肉腫の効果についてはまだ論文があがってきては無いらしい。
でもあちこちの医師から「脂肪肉腫にも効いてる」という声が上がっているという。
腎臓にも負担が少ない。
副作用も お薬だから無いことはないが抗がん剤ほど強くない。(個人差はある)
少し高額なため 金銭的などの理由や 効き目がないと感じたときなど もうやめたいと思ったときにはいつでも中止することができる。

脂肪肉腫は他の場所への転移率は比較的低いが局所再発の可能性はとても高い性質。
腫瘍の周りの組織を全部取りきれていないので たとえ短期間でも早めに投与して叩いておくのも再発を抑えるため、遅らせるためには効果的じゃないか。

ワタシは これだな! これしか無いなって思った。

今後アロマの治療はしばらくこれで行こうと思う。

d0116574_21583772.jpg

d0116574_21585423.jpg

「はい? なんですかぁ~」
寝起きに振り向くアロマ。

顏晴ろーね♪(ガンバロウ)
このガンバロウの当て字も お友達が送ってくれたもの。
嬉しいね♡

悪い病気にかかってしまった仔の飼い主さんはみんな「本当にこれで良かったのか?」って苦悩する。
「どんな方法を選んだってこの子たちは受け入れてくれてるよ、大丈夫だよ」なんて無責任に答えていた自分を反省。
だって本当にこれで良かったのかどうかなんてだれもわからないんだもん。
でも今回 思った。
実際、痛い思いや辛い思いをするのはわんこ達で ワタシたち飼い主はあれやこれやと思い悩むだけ。
心が痛く、ちぎれるほど心配して、あとどのくらいいっしょにいられるんだろうと恐怖にさいなまれ、こんな治療法しかできなくてごめん、こんな治療法しなきゃよかったかもしれないって悔やみまくる。
そのくらいの心の痛みが無いと 本当に戦ってるわんこ達とフェアじゃない。
そうやって気持ちがズタズタのグチャグチャになるからこそ 一緒に頑張れるのかもしれないなー
 
ミラクル 見せてね、アロマ♡
                           
by dear-aroma | 2015-12-14 22:24 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(12)
今度はアロマがゲリゲリ&コウボキンってなんだぁ?
リベラの下痢嘔吐が治まって ヤレヤレと思ってたら、夕べから今度はアロマがゲリゲリちゃん。
でもリベラと違って 嘔吐はありません。
食欲もアリアリで、ニンの食事の間もオヨダたらりんこでくれくれ光線出しまくり。
d0116574_20294489.jpg

リベラのように何も受け付けず
、『たべたくありません!』
って拒否られるのも心配だけど、アロマのように食べられないのに
『ください!』
って要求されるのもかわいそう。

午前中仕事があったため、午後からアロマを病院へ連れて行った。

受付で
『リベラちゃん、ダメですか?』
『いや、今度はアロマが・・』
『ありゃ~』
的な会話の後診察。

お熱、38,6度 平熱
検便結果、虫や虫の卵無し。

けど・・
『なんでか、コウボキンが出たんですよねー』

は?コウボキン?
『発酵の酵母の酵母菌ですか?』

まさに酵母菌と書くのだそう。
ウサギには当たり前にいる菌だそうで、腸内に入ってきた食物を分解してタンパク質を排出する役目をするのが酵母菌。

これが犬酵母菌となると役目は少し変わってくる。
マラセチアとかカンジダとかカビの一種の真菌症、よく耳にします。
それが酵母菌。
抗真菌薬を使ったら無くなったという例もあるそうです。

免疫力の弱った時などこの酵母菌が大量に発生したりもするらしく、一時的なものかもしれないし、そこらへんはイマイチよくわからない。

ということは 私の中での解釈は あまり良いものではないという印象。
酵母菌が増えすぎると いろいろな症状があり、中には下痢や嘔吐を引き起こすこともあるというが 今回の下痢は これとはあまり関係はなさそうとの事。(リベラと同じく鹿の内臓物の食あたりの可能性大とのことから)

酵母菌の件はひとまず置いといて、リベラと同じお薬で下痢の対策をすることに。
それでも治らなければ 上記の件も含めてまた対策を変える。

腎不全のため、下痢による水分不足は避けたいので 今日と明日、続けて輸液点滴を入れるようにと指示が出されました。

d0116574_219082.jpg

病院に行く前に下痢Pして、帰ってきたらトイレに駆け込んでまたゲリP
なのに 『ごっはんくっださ~い♪』って キッチンから出て行かない(笑)

朝、私が仕事に行く10時ごろまでに4回もゲリPして 部屋中うんちまみれになってたらどうしようと思いながら 3時ごろ帰宅すると ずっと我慢してたみたいで 私の顔を見るなりトイレに駆け込み2回ゲリP
病院帰りの車の中でもずっと我慢してて 家に着くなりまたトイレに駆け込み・・・と なんてけなげで辛かったねと 思ったものの、それでも 『ごっはんくっださ~い♪』 の脳天気なアロマを見てると

『アンタ、かわいそうさが半減するね』
と逆の意味でかわいそう(笑)

だけど当然のことながら ご飯は超微量。

あぁ~ やっぱりかわいそうだわっ(爆)

リベラは昨日から今日にかけて 丸2日 うんち出てません。
これも下痢が治まると、ご飯食べて ある程度お腹にたまらないと出てこないのは普通なのだそうです。

完治に向かってる証。
d0116574_2124788.jpg

『おいちぃ~~♪』
少しずつ食事の量が増えて行ってるりべらでし!

アロマもお薬効いて、早くお腹一杯食べれるようになるといいね~♡
by dear-aroma | 2015-11-08 21:37 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(2)
リベラ、絶不調
今朝から下痢嘔吐が止まらないリベラです。

ワタシの中での心当たりは 鹿の心臓や肝臓を煮て いつもの鹿生肉にトッピングして食べさせたことかなぁ~

アロマはまったく平気で元気モリモリ うんちも良好なんだけどな。。

リベラは通常生食。
知り合いの猟師さんが獲ってきてくれる鹿肉メインだが、鹿肉が無い時は 馬肉(内臓入り)か バーフダイエットのローフード(内臓入り)

もらう鹿肉は 赤身部分のみがほとんどで内臓は 時々入れてくれている。
たまに心臓や肝臓も一緒に頂いたときは 煮てトッピングやジャーキーにしてオヤツ代わりにあげている。

なので食べなれてないわけではないはずだけど たまたま 体調を崩しかけていたときにこの内臓が合わなかったのか?

今朝最初に吐いたのは朝食前。
吐いたものは 吐しゃ物独特の酸っぱい匂いではなく、肉を煮たときのあの匂いそのままで色も煮汁そのものの赤茶色い色。
夕べトッピングしてあげた 内臓物そのもののような感じ。

きっと 食あたりなのかもと思い、病院に連れて行ってその話もした。

先生は、食あたりかもしれないし、季節の変わり目に患者が多くなる胃腸炎かもしれないし、との見解。

少々調子が悪くても食欲が落ちることのないアロマとは違って、神経質で慎重でデリケートなリベラは 水も、食べ物も、そしてお薬も 顔をそむけて一切拒否。
脱水と栄養補給のため、ビタミン剤と吐き気止めを加えた点滴をしてもらった。

帰りの車の中でも大量に嘔吐。(固形物はほぼ無し、今度は酸っぱい匂い)
家に着くなり、トイレに駆け込み下痢。(水便)
d0116574_1512165.jpg

わんこって調子の悪い時、丸くなって寝るのね。
クチビルの端っこについてる白いカピカピは液状のお薬をシリンジで飲ませたときについたもの(笑)

何年か前にもひどい胃腸炎で4~5日 同じような状態が続き入院もしたっけね。
早くよくなりますように。
そのためにも お薬、ぺってしないでちゃんと飲んでね。

 【補足】
鹿のような野生動物はお肉の中に虫がいる可能性あり。
うちのように撃ってすぐにもらえる場合、新鮮だからと そのまま食べさせることもあるけれど 虫は一度冷凍すると死んでしまうそうで、生肉をあげる場合は もったいないけど 一度冷凍してから解凍して食べさせた方が安心ですよとの事。

うちもすべて生のうちに食べきるのはムリなので ほとんど冷凍してしまうけど もらったときすぐはそのままたべることも多し。
今回の下痢嘔吐とは関係なさそうだけど、次回からは必ず冷凍してから食べさせることにしよう。
by dear-aroma | 2015-11-06 15:26 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(0)
アロマ、ドック再検査の結果
【追記あり】

先月末に受けたアロマのわんわんドック。
なぜか胃にガスが充満していて 上腹部のエコーが全く写らなかったアロマですが、6日に再検査受けてきました。

結果は 胃のガスはきれいに消えてしまってました♪
検査時の緊張による過呼吸か何かで一時的なものだったようです。

よって今回はエコーも綺麗に写すことができ、上腹部の臓器には心配するようなものは何もありませんでした。

が。。。

『ひとつ新しい発見がありました』 と院長。

ヤダヤダ、臓器で発見なんて良い事なんてないじゃない!
そんなもったいつけた言い回し やめて~~ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ

その発見とは 胆泥。
放っておくと胆石へと発達し、まれに破裂したりするらしい。

『外科的処置になる前に 薬で胆泥を流してしまいましょう。』

新しい発見、その程度で良かったです。(ホッ)

前回心臓の収縮率が少し弱い気がすると言っていたが、心臓のエコーも撮り直してくれ、全く正常でしたよとの事。
以前から見られる血液の逆流も許容範囲内。

週一になった輸液点滴ももう済ませましたよとの事で、約1時間で再検査終了でした。

先生曰く、『今日はみんな戦いました笑))』

車の中で待ってたあたしとリベラ、確かに駐車場までアロマの泣き声が届いてたもんね~

検査結果を聞いてる間、アロマは診察室でエコーで汚れた毛を洗ってもらって乾かしてもらってる最中。
気配を消して入ってきてくださいと先生に言われそぉ~っとレントゲン室の片隅でヒソヒソ(笑)

もう乾いたみたいだよと言われ、待合室からではなくスタッフがいる方の出入り口からのぞくと、待合室へのドアを必死で開けて~ってガリガリやってました(笑)
もちろん看護師さんも必死でリードを握りしめてましたぁ~

「アロマ! こっちだよ~」って声をかけると 振り返った顔が『???』
なんでそこから?って顔が一瞬、その1秒後、ダーーッってダッシュで看護師さん引きずってあたしのところに駆け寄ってきました♡

こんな様子じゃ、確かにスタッフのみなさん戦ったんだろうな(笑)
もちろん一番戦っていたのは アロマなんだろうけど。

アロマは慢性腎不全は抱えていてもいつもハッスルマンです。
自由に生きてます。
d0116574_1764867.jpg

気乗りしないと 呼んでも目だけで返事して 知らんぷりを決め込む。

パパが枝豆を食べ始めたら一番に反応する。
d0116574_178783.jpg

d0116574_1782477.jpg

今は枝豆とパパと戦ってるアロマです(笑)

ところで ペット保険、なんだかめんどくさいことになってます。

うちはアニコムだけど、継続割引も マイクロチップ割引も廃止。
そして新しく保険料割増引き制度なるものが加わってます。
保険を使った回数によって保険料が割引されたり割増されたりする制度。
アロリーはだいたい毎年14、5回病院にかかるので割増引き無し。
でも20回~39回になると20%増し。
40回以上になるとなんと50%増しの保険料になるのです。

アロリーはワイドタイプに入っているので年、無制限でかかることができる。
でも
ここへきてアロマの皮下点滴が週一になった。
となれば 当然通院回数は40回を超えてしまうことになる。
でも50%増しの保険料は恐ろしいことになる。
20回未満になるように計算して保険を使わない日をつくるか?

だとすれば、スタンダードのタイプ限度日数20日までってのに変更したほうがいいのかも。

でも細かく計算すると 保険を使わないで支払う治療費は 割増された保険料より高くなる。

う~ん、どうしたらいいのぉ~

でもさぁ、こんな制度ができたなら わざわざスタンダードタイプとワイドタイプという保険料の違うプランを 作ってる意味あるのかなぁ

少しでも病院代の負担を軽くしたいと思って入った保険なのに、年齢と共に保険料が上がり、今や治療費よりも保険料の方が上回る。
しかもこんな制度が付加される。

まぁ保険については人間の保険も同じで元を取れるなんてことはまず無い話なのはもちろん承知しているけれども・・・

まっ、この保険の話の部分は ワタシの独り言、単なる愚痴で 保険会社をを非難するつもりは毛頭ありませんのであしからず。

されど・・・うーむ、困った!
まさか週一で通うことになるとは考えもしなかったからなぁ~
おうちで点滴するようにしようかなぁ・・・
先生と相談してみよっと。

はぁ~ 困った困った!

ここから追記です。

愚痴ってたら大事なこと書き忘れてた!
検査時に摂ってもらった黒いポッチも白いポッチも 共に良性でした。
特に黒いポッチは心配してたので 本当に安心しました♪
良かった良かった♫
by dear-aroma | 2015-08-09 17:51 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(6)
アロマ 9歳前のわんわんドック
今日はアロマのドックの日。
結果は 「はぁ~ やっぱし」って感じ。
d0116574_22402424.jpg

これが学生のテスト結果なら 赤点だらけの落第決定である。

前回と比べても赤字が増えてる。
d0116574_22423439.jpg


アロマの慢性腎不全は2歳のころのドックで発覚、腎臓の働きを見る検査では アロマの腎臓は34%しか動いてないという結果。
しかし 先手先手の治療を試みてくれる先生のおかげでその後約7年間 なんとか 体調の変化もなく 元気な子と変わりなく過ごしてくることができた。

でもやっぱり年齢と共に 血液検査の数値も だんだんと悪くなる。
他の臓器の数値もそれに伴ってくる。

以前は 少々弱気になり、「アロマは長生きできないかもしれない」なんて 友だちに弱音を吐いたりもした。
でもね、今は なんかちょっと違うんだな~

今日もいつもドックの度に結果を報告する習わし(笑)になってる親戚わんこのママたちとLINEで話したんだけど、どーんと構えた肝っ玉母さんなあたし。

こういう言い方は 不治の病と戦っているわんこのご家族に対して 配慮の無い言い方になるかもしれないけれど、アロマの場合は 余命宣告を受けてるわけではない。
ケア次第で残りの命は短くもなれば長くもなる。
だったらこの数値を抱えたまま 老衰死まで持ってってやろうじゃないか!
 
『私は、アロマは腎不全では死なせない!』
そんなこと言ってて 今更誤飲などで死なせてしまったら シャレにもならないんだけどね(笑)

肺気腫も持ってるアロマ。
そちらの方は以前と変化はない。
空気は増えても無く減ってもない。
現状維持ってところである。

それから、今回胃の中に異常にガスがたまっていた。
ガスがたまると胃拡張になり、胃捻転も起こしやすいので 注意するようにとのこと。
ただ 普通なら物が食べれなくなったり苦しそうにしたりするものだけど それが全くなく、ご飯もよく食べる。

ひょっとしたら 検査入院によるメンタル面から 過呼吸気味になり 一時的にガスがたまっただけかもしれないとのこと。

このガスのおかげで 上腹部のエコーが ガスに反射して全く見ることができなかったらしい。
何か悪い影や腫瘍があるかどうかを確認することができなかったので 一週間後再検査となった。

あと一つは 鼻の横下にできてた黒いポッチと唇にできてた白いポッチ。
共に大きさはゴマ粒ほど。
両方とも 検査中に電気メスで取ってくれたそう。
小さいので細胞がとれるかどうかわからないけど外注で検査に出しますかと聞かれたのでお願いした。

もうずいぶん前からできてて でも大きくもならないので大丈夫とは思うけど やっぱり黒いできものは少々心配だからね。

というわけで 今日の検査結果はこんな感じでした。

腎臓の治療は 今まで月一回の輸液点滴を週一回に。
今後の様子次第では 週一の点滴が週2~3回に増える可能性もあり その場合は自宅で自分で打つようになるのだとか。

大丈夫ですよ~あたし。
JINになるから(笑)

てなわけで お迎えに行った時のアロマの様子の動画です。
「ママ~早く出して~  早く帰ろうよぉ~」と 訴えてました。

こんなかわいいヤツ ほっとけましぇ~ん♡


by dear-aroma | 2015-07-30 23:29 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(4)
リベラ 7歳のわんわんドック
今日は毎年年に一度のわんわんドック。
いつもはアロマとリベラ いっぺんにやってもらうのだけど リベラも7歳のシニア期に突入したわけだし、じっくり診てもらうには一人ずつの方がいいかなってことで 誕生月のリベラのみお預け。

置いてくる時には リベラ必死の形相で訴える。
「置いてかないでー!!」

リベラ以上に必死でリードを握る看護師さん、二人がかりで、「おかあさん、早く行ってくださーい」(笑)

そんなだったからお迎えの時は 私が先生とお話ししてる声が聞こえたのか もうピーピー泣き声が響き渡ってた。

それでも鎮静をかける必要もなく お利口さんだったそうで♫

「結論から言いますと。。」
先生が切り出す。

ドキドキ ドキドキ・・・

「おもに目立って悪いところは見当たりませんでした!」

血液検査もレントゲンもエコーも言うこと無し。
脾臓もOK
このところお散歩を拒否ること多しだったので 心臓が悪化してるのではと心配してたけど 昨年度と比べても特に大きさも変わらず、収縮率も良好。

歩きたがらないのは性格の問題(笑)⇐ダラダラ血筋のようで姉弟みんなそうらしい(笑)

とにかくホッとひと安心です。

「お腹空いてると思ってご飯あげたんだけど食べないんですよ」と先生。
リベラが入ってるゲージの中覗いたら たくさん入れてもらってたご飯がそのまま残ってる。
「匂いだけ嗅いで食べませんでした」と看護師さん。
「トイレも連れて行ったんだけど出ませんでした」
「きっとおうちに帰りたかったんですね~」

そうかぁ ご飯も食べない、チッチもでないほど 淋しくて心細かったのね。(感涙)

精算を済ませトイレに連れて行ったら ジャーーー!
車に乗せてから 持参したご飯をあげたら ガツガツ!

やっぱりおうちに帰りたかったのかぁ~❤
なんといじらしいぢゃないのぉ~♥♥♥

おうちに帰ったらやっぱりホッと安堵感。
そして緊張と淋しさの疲れがドッ!
d0116574_1735598.jpg

d0116574_1741742.jpg


久しぶりの一人っ子を満喫してたアロマは 「あ~あ~ またうっさいのが戻ってきちまったよ」って感じかな(笑)
d0116574_1744062.jpg


もうひとつ 気になってた歯茎にできてたポッチ。
口の中のできものは 何とも言えませんからねぇって先生も心配してたんだけど いちお針をさして採った少量の細胞、病院内でわかる程度の検査では 悪いものじゃなさそうとの診断。

本当は全部切り取って専門分野に出して調べた方が正確だけど、今のところは要観察でということに。
もしも大きく成長して来たりするようなことがあればすぐに切り取ってしまいましょうかってことで ひとまず安心です。

7歳の誕生日を迎えてのわんわんドック。
これで安心してシニアへの入り口、いいスタートが切れました♪
by dear-aroma | 2015-06-23 17:13 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(2)
元気すぎて。
今日は定期健診。
5歳の冬からずっと体重が落ちたまま なかなか元に戻らなかったアロマ。
食事量も増やし、「食え食え、太れ太れ!」と足かけ3年。
やっと30キロまで戻りましたぁ~

体格もよくMAX33キロまであったアロマなのに 一時は27キロまで落ちてたんだから ここまで戻ればいいかな~♡

それに比べて アロマより一回り小さいリベラはここのところ アロマの体重と同じか、超えてるときも!
そして今日の体重測定では 何とリベラまでもが30キロ台に)゚0゚( ヒィィ

アロマ30.1㌔  リベラ30.08㌔

「どれどれ」とリベラの体をチェックした先生の言葉は ここのところ、ずぅ~~っと
『いいカラダしてるねぇ~』

もちろん マッチョという意味ではなく 肉付きがいいという意味。

太らせたい方はなかなか太らず、痩せさせたい方は痩せず・・
なかなかうまくいかないものですなぁ・・・

体重が減り始めたころは どこか悪いんじゃないか? ガンだったらどうしようと ずいぶん心配したものだけど 親の心配なんぞどこ吹く風。
アロマは持病を抱える身とは思えないほどの元気の良さ。
元気と食欲だけは 2歳も若いリベラを ダントツで抜いているのである。

そしてその元気すぎるほどの元気さが アロマにとっちゃあだとなってしまうわけでσ(^_^;)アセアセ...

いつものように診察後、病院のランで イーザ、ケリーと待ち合わせて爆裂ボール遊び。
ふと見ると アロマがボールを横に置いてフセして足をペロペロ。

なんだ、今日はもう自主休憩かぁ?って近づいてみると 右手の毛が赤く血に染まっているじゃなーい†ヽ(゚ロ゚;)キェーッ!

チェックしてみると 狼爪のところから出血。
「爪、ついてるよねぇ? パッドかしら?」ってハッチと話しながら よーく見てみると
ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
爪の根っこが折れてるー!!

ハッチ  「病院戻った方がいいんじゃない?」
私     「もう診察時間終わるよ」
ハッチ  「時間外でもアロマなら大丈夫だよー!」←何の根拠?(爆)
とりあえず電話して病院に逆戻り~

病院と病院のランは車で2,3分

ビューンと飛ばして 即処置室へ。

結局爪は かろうじてついているものの、半分以上折れてる状態だったので 根元から切ることに。

爪切り見ると大暴れするアロマに 爪切りが見えないように顔をかくし、局部麻酔して チョッキン!
止血の処置をして、舐めないように包帯ひと巻きしてもらい、抗生剤と痛み止めのお薬を出してもらって おうちに帰りましたぁ~

d0116574_13425089.jpg


朝の定期健診の時も 「元気すぎて・・」って話したばかりだったのにね。

先生がカルテめくりながら
「確か・・あぁ、10月にも 爪折っちゃってるねぇ」と ニヤッと笑い、
「ちょっと安静にしようねぇ~」って。

d0116574_13455589.jpg

元気なのは良い事だけど ボール、もう少し落ち着いて追いかけれない? ムリだよな(笑)

せめて写真だけでも ドヨヨーン感 だしといてくださいな~(笑)
by dear-aroma | 2015-03-03 13:50 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(4)
ドッグドック
今日はアロリーのドックの日。
朝ご飯抜きのアロリーは あたしがちょっと動くたび 「ごはん?」って期待満々。

期待させておあずけなのはかわいそうだから 早めに病院へ連れて行くことにした。

問診を終え奥の部屋に連れて行かれたアロマは檻の扉をガンガン。
「開けろ―! 母ちゃんが帰っちゃうー!」

以前15日間も入院した経験からか 普段から、置いて行かれるのはもうイヤだ!とばかりに 診察が終わったらすごい勢いでドアに向かって引っ張って行くアロマ。

そんな彼だから 檻の中に入れられたとたん それはもう 必死で訴えたのだろう。
「帰るーーーーっ!」

駐車場まで アロマの泣き声が響いていた(涙)

リベラは・・・ 実に静かなもんである(笑)

そして迎えに行った時も 待合室に入った途端 アロマの泣き声と 扉をガンガンする音が・・・
「さっきまで静かだったんですよ。
ママが来たの、感づいたみたいですね」

そしてやっぱりリベラは静か(笑)

お迎え後のアロマ。
d0116574_21384815.jpg

「ごはん、まだ?」

アロマは嫌なことされるとチアノーゼ起こすくらいパニクるので鎮静をかけてもらう。
嫌なこととは爪切り。
この世で雷と爪切りが死ぬほど嫌いで怖いのである。
なので 年に一度のドックの日に 沈静をかけてもらって爪を切る(困)

で、ご飯は 沈静をかけているので いつもより少量。

少なくても口に入れば満足。
満足したら寝る(笑)
d0116574_21463117.jpg


今回、ツルツルに剃られたお腹は、いつもより範囲が狭い。
d0116574_2150247.jpg

「リベラ、貧毛だから 最小限にしてね」
伝えておいた通り、看護師さん、気を使ってくれたみたい(爆)

リベラはおとなしいから鎮静かけずに全ての検査を終了したそうです。
えらかったねぇ~♡
d0116574_21524932.jpg


さてさて 気になる検査結果は。。。

リベラは気になる心臓の方は 僧帽弁逆流は相変わらずではあるけれど軽度におさまっており、 収縮率も悪くなく心雑音も軽度、 血液検査の結果も全ての数値に問題なし。
総合的に異常なし。

GOOD♪

アロマはやっぱり腎不全が少し進行。
肝臓も少し数値が悪かったけど ステロイドの影響かもしれないので もう少しでステロイド投与が終わるので そしたらまた血液検査してもらおう。

腎不全の治療は今まで通り お薬と治療食で。

肺気腫は 去年の検査の時と同じくらいで変わりなく 完璧に抜けてはいないけどこの程度ならそんなに苦しくはないだろうとのこと。
石灰化も進んでいるけれど これも加齢の範囲。

背骨に多少の湾曲が一部みられ、軽度関節炎と言われたが これも加齢の範囲内。
「若い時のような動きは少し控えましょう。
ムリをすると 足や腰が痛くなったりすることもあるので」

病的なものも困るが 『加齢によるもの』 というのも なんだかさみしいものである。

その他 各内臓部分にはアロリー共 いやな影のような存在は無く ひとまず安心。
あ、そうそう、すっかり良くなったので忘れてたけど アロマの口の上のポッチ、小さくなってほとんどわからなくなりましたぁ~♪
なので 今日する予定だった細胞診は中止♫
アロマ 大事なお顔、イケメン復活だね♡


ドックといえばいつもドキドキだねって心配してくれる親戚関係のディキ家とウィル家。
しかし今回あたしは なぜかあまりドキドキはしなかった。

そのかわり、アロリーのいない家の中が妙に静かすぎて 今日休みだったアロパパと二人きりの時間が 思いつく会話も無く、何をしていいかわからない。

病院に二人を置いて帰ってからの遅い朝食も、 隣でヨダレをポタポタ垂らしながらじっと見つめられている感覚が ついついパンの耳をお皿に残し 「あぁ、いないんだった」って またつまんで食べたり。

アロリーがいないのに 玄関のゲートの扉をしっかりと閉めてしまう。

犬と暮らす。
アロリーと生活を共にする。
そんな一つ一つの何気ないことが もう生活の一部となり 生活習慣となっている。

犬を飼わなくなったら・・
アロマたちがいなくなったら・・・

こんなに静かで殺風景で 味気ない生活になってしまうのか。
アロリー達が来る前は こんな生活だったっけ?

ドキドキする代わりにそんなことを考えていたのである。

この先 あと何年一緒にいられるかわからないけど やっぱりわちゃわちゃ にぎやかに暮らそう♪
ごらぁ~~って 叫んでいるうちが 幸せなんだ!!
by dear-aroma | 2014-05-26 22:37 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(2)
サマーカット???(笑)
リベラのお腹 こんなことになってます(*≧m≦*)ププッ
d0116574_1084117.jpg

毎日あぢぃので サマーカット・・・ って ナイナイ!!!(笑)

実は昨日 毎年恒例のドッグドックだったのです。
今年 アロマは 膝の靭帯を損傷した時の検査の時、ついでにドックの形で いろいろと内臓系も検査してもらったので、今回はリベラだけ。

問診の後、病院の奥へと消えて行ったリベラの クィ~~ン クィ~~ン ピーピーと不安げな泣き声に あたしもこらえきれず奥へと入れてもらう。
やっぱ、アロマが一緒でないと 不安で心細いみたいだ。
しばらく一緒にいてナデナデ。

そして3時のお迎えまでお預かりよろしくと病院を後にした。

午後3時過ぎ、結果報告の先生とのやり取りのあたしの声に反応したリベラのまたもやピーピーが聞こえてくる。(笑)

今回は鎮静も使わず そのままですべての検査をクリアしたらしい。
泣いてたわりに 偉かったじゃんね♪

結果は 持病の心臓は 前回に比べて肥大も進んでなく、収縮率もしっかりしているとのこと。
リクエストしておいた 脾臓、膵臓、肝臓も 異常なし。

付け加えて、
「うちに来るフラットさん、みんな長生きしてるよ。」
の院長の言葉に 輪をかけて安心♪

「先生の処方が合ってるんだね。 うちの子も長生きさせてくださいね」と 軽くプレッシャーをかけて病院を後にした。

ドックの形はやめて 気になる部分だけを定期健診の時に見てもらおうかと思ったこともあったけれど 個別の検査は割高で ドックの方がお得。
総合的に見てもらえるドックは 今後も続けていくことに決めました。

d0116574_103599.jpg

内臓のエコーを撮るために 毎年ドックのたびにこのザマ(笑)
飾り毛の長いアロマは こんなお腹も隠れてしまうのだけど 貧毛のリベラは 立って歩いてても丸見え( ´艸`)
けれど健康に変えられない ありがたいツンツルテンのお腹なのである。
by dear-aroma | 2013-08-28 10:42 | 病気・怪我・健康管理 | Comments(6)



大魔王アロマと小魔王リベラ。 そんなふたりが巻き起こす台風のような日常を綴った日記です♪
by アロママ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
information
☆アロマのprofile☆
生年月日:
 2006年8月17日生
性別: ♂
紹介: 雪と水とボールをこよなく愛する 優しいイケメン♪
しかし 最近 妙に頑固!
おうちではマッタリなのに外では爆裂。
外面王子返上で やっぱし ヤツは大魔王!!

 **********
2016.7.10
9歳10ヵ月と23日の地上勤務を終えお空に帰りました。
 **********

生後29日

1歳

2歳

3歳

4歳

5歳

6歳

7歳

8歳

9歳


☆リベラのprofile☆
生年月日:
 2008年6月17日
性別: ♂
紹介: 兄ちゃんにだけは妙に強気で アロマのイタズラを未然に防ぐチクリ魔♡
小さいころは 通り魔のごとく誰にでもすぐに跳びかかって毛を引っこ抜いてたチンピラ小僧だったけど 今はすっかり更生して優等生。
とぉ~っても素直で
パピーフェイスの憎めないヤツ♪

生後2ヶ月

1歳

2歳

3歳

4歳

5歳

6歳

7歳

8歳

**☆**:;;;;;:**☆**



☆知っておきたいリンク☆
犬と猫に危険な食べ物~与えてはいけないリスト

☆ガン免疫療法についてのサイト☆
杉並犬猫病院>ガン医療>ガン免疫療法
ペットのガン治療を研究するピュアペッツ PURE VETS

☆アロマの大好きな病院☆
病院の様子やスケジュール・院長先生やスタッフのブログも楽しめます♪
丘動物病院

☆アタシのイチオシ  伊豆高原のDOG CAFE
ステキな笑顔のパパさんとママさんが出迎えてくれますよ♪
CAFE CANDY


☆FCR専用のレスキュー情報サイト☆
『FCR Loversーフラットコーテッドレトリバーが大好きだから・・・』



☆ボンチチさんのお店☆
Ashiya-dog-walk


☆ティアラママのネットショップ☆
dot.fio


☆マハロママのお店☆
+Wan!


☆おしゃままのイチオシ☆
BOWWOW☆PARADISE


☆まにゃさんの手づくりshop☆
Fluffydog


☆ナイトトレインさんのレザーショップ☆
レザーショップRough Stage


☆ケリー&イーザの手づくりアクセサリー&カラーのショップ☆
キャトルシアン


☆ひゃくまいるさんの手作り工房☆
ひゃくまいる工房


☆バニ母っちの美味しいだしパック♪   京のかつおぶし☆
田中鰹節店

☆愛読書☆
RETRIEVER



**********

☆お友達リンク☆

黒い子ティアラ
わんこと漁師
やんちゃ坊主と天使
フラットコーテッド・レトリバー「ココ」の日記+

僕とALEXとneroのあしあと
あいるーく日記
ボンと僕
大好きな犬達と暮らす♪まにゃ日記
Neo Photo blog
週刊アール
セイラ日記☆おらのテイテイ
Cooチャン噛み噛み日記
のんびりと~
ミスティーdeうるおい
ろびぼん日記
ラム〜おいで〜!
Simple Life
amiga diary
へたれモス男
ゆずの訓練日記
杜王町フラット通り
はなケン サンバ
DIGGN' ON RUNE&JOSH!!
*ROBIN*
はなそらDAYz!
レオ、キル一家
La Fleur
ごん☆すず☆りん親子のブラブラ日記
momo&TAROHと一緒
フラットコーテッドレトリバー「CUBのブログ」
NAISON de NOIR
ソマラフDAY'S
海の幸な犬達
BIBIの気持ち
Wanこと一緒---'Wan'derful life with dogs
F&R日記
小春家のマイニチ
やんちゃエース&オトハの日記
あたし花子 おれ新ノ介
外部リンク
フォロー中のブログ
CHIZU BLOG
プリちゃんDAYS ...
おーしゃん日記リターンズ
桜空日和(旧さくら嬢のひ...
ジョジョ丸の奇妙な冒険
徒然むつ日記
優しくって少しバカ
ちょっと道草
いいら日記
レトリーバーキッズ   ...
俺たち今日も元気でつU^...
D.J気分
オリーブ&ジャスミンちの...
可愛くてナンボ!
週末は13階で。
フラぷら3 ぷらす2
Lovin’Life
フラフラフラッティと音楽...
Ral's Smile
レイといっしょ。
ラブラブダイアリー☆
ハウルと一緒に。。。
Creamのひととき♪
最新のコメント
☆shio-chanさん..
by dear-aroma at 20:41
今年もよろしくお願いいた..
by shio-chan at 17:11
☆そらまま☆ そらちゃ..
by dear-aroma at 19:32
ほんとにね。 悪い夢な..
by そらまま at 10:07
☆鍵コメさん☆ ご無沙..
by dear-aroma at 15:35
☆ウチミルママ☆ リベ..
by dear-aroma at 13:21
リーちゃん、大変だったね..
by wendymilfy at 19:41
☆shio-chanさん..
by dear-aroma at 22:38
悲しい一年でしたね、ディ..
by shio−chan at 21:36
☆鍵コメさん☆ ずっと..
by dear-aroma at 21:25
最新の記事
TAROH君
at 2017-02-11 16:28
今年もよろしくお願いします♪
at 2017-01-05 13:38
今年1年を振り返って。
at 2016-12-23 18:08
結膜炎
at 2016-11-24 12:33
結膜炎
at 2016-11-24 12:33
カテゴリ
全体
アロマ&リベラ
アロマ
リベラ
お誕生日・うちの子記念日
お散歩
お友達わんこ
わんことお出かけ・アウトドア
Woof
水遊び
雪遊び
ドッグラン
親戚会・オフ会
ボランティア活動
訓練競技会
フラットの輪
お知らせ・お願い事
病気・怪我・健康管理
わん抜きの出来事
わんわん倶楽部
未分類
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
more...
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧